週末は東京でインプラントセミナーに参加して参りました。
洪先生講演、オステム主催
副鼻腔の解剖、生理から、上顎洞底タイプの判定、アプローチの手法、材料、インスツルメントなど多くの情報量を整理して解説していただき、また、大量の実習も準備されており大変充実した受講となりました。臨床的には高頻度で対応しなければならないにもかかわらず、テクニック的にセンシティブなサイナスアプローチに対して、日常的に理解を深めたいと思っていた事が大量に解説されていて圧倒されました。洪先生の経験と知識に裏打ちされた骨太の講義は準備も本番も大変だったと思います、大感謝です。サポートされていた先生方や衛生士の方々も個性派実力派揃い、主催のオステム社員の方々も大変一生懸命に対応していただき感謝しております。皆様ありがとうございました。






この記事のFacebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA